...Yomoyama...
日記・更新記録・お知らせ等。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / - / スポンサードリンク /
A Happy Birthday !
A HAPPY BIRTHDAY !!
(*^ー^)/°・:*:・。オメデトウ。・:*:・°\(^ー^*)

ご存知の通り本日は副長、土方歳三さんのお誕生日だとされています。
一体、幾つにおなりなのか…。
数え年ならば175歳、満年齢で言えば174歳…で合ってますかね?(大汗)

現在で子供の日とされるこの日に産まれた副長。
私も散々現代版でそれをネタにさせていただいてますが(笑)
ちぐはぐのようで、案外ピッタリかな…な〜んて言ったら
切腹モノでしょうか?

ともあれ、拙宅の作品の中の登場人物としての歳、
そして、コンテンツ【徒然草】内(最近更新してないな…(滝汗)での副長も
お誕生日おめでとうー♪



☆;:*☆;:*☆;:*拍手を押してくださった方々、ありがとうございます♪*:;☆*:;☆*:;☆




/ 雑談 / comments(0) / trackbacks(0) / 菜緒りん /
歌詞って…。
こんばんはー。
やってます書いてます肉をつけてますよ?『雨恋(12)』。

────それはそうと。(わざとらしく話題転換)
小説の肉付けをしながら聞いている曲があります。
テーマ曲ではありません。あくまでも、BGMです。
小説とは何の関係もない曲ですが、
たまには話の筋と全く無関係のものも聞きたくなるんです。

現在聞いているのは何曲かあるのですが、
その中の一つを。

井上陽水 「Make-up Shadow」

曲も素敵で大好きなのですが、特に詞!
是非一度歌詞検索してみてください。
井上陽水さんご自身が作詞されてるんですが、
韻を踏んでいるような(あくまでも現代的な…ですが)
言葉の遣い方が凄く上手なんですよ。
また綺麗な言葉を選んでて…。

小説もどきを書いているとやはり言葉の遣い方や選び方が凄く気になります。
特に私は短編とか詩が苦手なので、歌の歌詞という短い中に
物語を詰め込んで言いたい事もちゃんと表す。
それってこの上なく高度で難しいですよぅ…。
作詞って凄いなっていつも思っています。

本当に一度曲をお聞きになってみてください。
歌詞に注目!…ですよ!   (・∀・)♪


☆;:*☆;:*☆;:*拍手を押してくださった方々、ありがとうございます♪*:;☆*:;☆*:;☆



/ 雑談 / comments(0) / trackbacks(0) / 菜緒りん /
池田屋復活!
…大変…ご無沙汰しております…。
『雨恋』もう少しお待ちください。ごめんなさーい!

────さて。
件の『雨恋』でも書きました「池田屋事変」。
その「池田屋」が復活する!というのをご存知ですか?

衆知の通りかつて「池田屋」があった場所は長くパチンコ店となっていたのですが
昨年の初め頃に廃業となり、空店舗状態だったそうで。
で、このたび居酒屋チェーンの中の一店舗
「はなの舞 池田屋店」
という名で「池田屋」の名を冠し、復活するそうです。

≪当該記事(京都新聞)≫
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009042400095&genre=C4&area=K00

近代的な建物には変わりないのですが、
内装は江戸時代の雰囲気を取り入れ、例の「階段落ち」で知られる
大階段も創る予定なのだそうで…。
うーん…嬉しいし興味ありますが、これにはちょっと首を傾げます。
居酒屋というのも近代的な建築というのも理解出来ます。
幕末とは文化等も全く違うのですから、仕方ないでしょうそれは。
でも、観光客誘致のもくろみは分かりますが、
本来あった場所に作るのならもう少し忠実に、映画的な部分は退けても
いいんじゃないのかなって私は思います。


☆;:*☆;:*☆;:*拍手を押してくださった方々、ありがとうございます♪*:;☆*:;☆*:;☆


/ 雑談 / comments(2) / trackbacks(0) / 菜緒りん /
訂正します。
 すみません。先の記事で「相撲は『国技』」と書きましたが、
どうやら、違うようです。
一般的にはそう認識されているので、『国技』と言っても差し支えはないようですが
正確に言えば、これが『国技』と確定されるスポーツは、日本には存在しないそうです。
『武道』全般が『国技』と言えると書いてあるものもありました。
以下、引用です。

一般に日本では国技と言えば相撲を指すと思われている。しかしその意味するものは極めてあいまいである。

国技が相撲であるという考えが広まることになった起源は、1909年(明治42年)に両国に初めて相撲常設館が完成した際、それが「国技館」と命名されたことであるとされている。これは3代尾車親方(大関:大戸平廣吉)が命名委員会(会長:板垣退助)に提案し、了承されたものであるが、それは6月2日に行なわれた開館式で作家の江見水蔭が執筆した披露文に「相撲節は国技である」という内容が書かれていたことにヒントを得たということに過ぎない

その後、国技=相撲という考えは国民の間に浸透していくことになるが、国の機関によって正式に国技と認められたことはない。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「国技」より引用

/ 雑談 / comments(1) / trackbacks(0) / 菜緒りん /
春が来た。
「お馬」が近い上にどうやら今年も早々と春が来たようです。

花粉症を発症しました……(涙)

あ゙ーも゙ー、辛いぃー!
( >д<)、;'.・ ィクシッ  ( >д<)、;'.・ ィクシッ  ( >д<)、;'.・ ィクシッ



/ 雑談 / comments(0) / trackbacks(0) / 菜緒りん /